石剱稲荷大明神
神使狐

瑳珂比神社の御由緒

戦国時代、能登より来て小此木、境、中島、百々、八木沼、平塚、島村の7か村を領有した小此木左衛門尉長光(小此木長光/小柴長光)は、天文15年(1546)に戌亥の鎮護のため百々の地に生国能登の石動明神の分霊を遷して守護神とし、のちに境城を築き居城とするに当って、元亀3年(1572)現在の地に遷し、また、長光の子左衛門二郎は稲荷の神像と石製の剣を奉納して武運長久を祈願したので、これより石剱権現と称したが、石剱と書いてそのまま祖先発祥の由緒をもって「いするぎ」と呼んだものである。神社地は城跡であり、古くは城の南面に広瀬川が流れる丘であり、また近年まで神社入り口の両側に空堀があった。

当社は城主小此木氏の崇敬が殊に篤かったのであるが、天正18年(1590)小此木氏が金山城主由良氏に従って常陸牛久へ退去するに当たり、境の村人は中島の飯福明神の氏子であったが、当社を石剱稲荷大明神と改め、これよりのち当社を鎮守として氏子となった。

正保2年(1645)12月7日、境に2の日、7の日、月6回の六斎市が開かれるようになると守り神として天王宮を祀り、糸市が次第に繁盛すると石剱稲荷大明神は商売繁盛・家内安全の御神徳をもって益々村人の崇尊の的となった。

初め小此木氏築城の頃、此の地は借宿と呼ばれていたが、後に境村となった。そして六斎市が繁盛して次第に町並みが形作られると、慶安年間(1648~1651)に至り境町と改めた。毎年正月7日を六斎市の寄市と言い、石剱稲荷大明神の神官を先頭に神輿が町中を渡御し、この日伊勢崎藩主酒井候より祭礼米2俵を賜るを例として、これを初市廻りと称した。この初市廻りの行事は六斎市の廃された後も町の行事として昭和初年まで続けられた。

神使狐

宝暦11年(1762)2月8日、拝殿の建立が成就し、この年藩侯より2畝24歩(約277.68㎡)の除地を賜った。明和3年(1766)11月、大室村の石工に注文した石鳥居ができたので、町民総出でその引き取りに当たり、大八車を用いて3日を要して引き取り建立を終わった。同5年秋に本殿上屋の建立が出来上がった。安永2年(1773)9月、社前に挿花絵馬が奉納されたが、これは現在境町に残された多くの絵馬のうち最も古いものである。天明9年(1789)2月、小此木官兵衛は本殿に金剱を奉納す。次いで享和元年(1801)4月に町内氏子中の発起により現在の社殿が造立され、その大棟札が保存されている。棟梁は小此木村天田新六で、この人は愛染院も造立した。石剱稲荷大明神建立の願文に「天下泰平神威?増院安穏興隆仏法地頭安穏氏子繁盛」と云う。社殿の規模壮大、本殿の彫刻は結構を極めたものである。社地書上帖には「本殿6尺4方、屋根桧皮葺き、拝殿5間3間、瓦葺き」という。ここに於いて神威荘厳を加え益々町内の尊崇を得るに至ったが、漸く社地手狭になったため文化5年11月井上宗栄預かり地の譲渡を受けて神域とした。社地合わせて841坪である。境城跡地城山の地は城主小此木氏退去の後、石剱権現・長光寺地を除いて伊勢崎藩直轄領となり、井上家が預かり地として管掌していたのである。文化5年秋、井上家よりこの地を社地として譲り受ける交渉の結果、金十両をもって示談となった。境町の酒造家日野屋太助は金十五両を当社に寄進し、その内金十両を地代とし、金5両を永続金としたのである。

ここに於いて漸く社地広大となり、神域の良く整うことを得た。当時神域には「明神の松」と呼ばれた老樹があって、近郷近在よりこれを目当てとして多くの参詣があった。当社の祭礼は春秋2回、春は2月初午、秋の例祭は「しまい9日」と呼ばれて9月29日であった。初午祭には町内近郷からの参詣で群集し、米粉で製した繭玉に豆木をそえて奉賽するのが例であった。 明治7年(1874)村社に列し、同40年(1907)9月27日に境内末社の菅原神社(菅原道真命)、八幡宮(応神天皇)、疱瘡神社(鎮西八郎為朝命)及び町内に祭祀せる諏訪神社(建御名方神)、八幡宮(応神天皇)、八坂神社(泰盞鳴命)、稲荷神社(倉稲魂命)、神明宮(天照大神)、菅原神社(菅原道真命)、琴平宮(大物主命)、秋葉神社(火産霊命)の11神を合祀、社名を瑳珂比神社と改めた。大正3年(1914)神饌幣帛料供進神社に指定された。


Copyright© Sakai Shrine All Right Reserved
inserted by FC2 system