石剱稲荷大明神
人生儀礼のご案内

日本人は物事の節目ごとに神社にお参りしたり、我が家に神様を迎えてお祀りする、そんな生活を大切に繰り返してきました。子供達の健やかな出産・成長を祈る安産祈願、初宮詣や七五三詣、成人式、算賀のお祝いなど人生の節目に行うお祭りを人生儀礼と言います。

母親の胎内に生を受けてから今日に至るまで過ごせたことに感謝するとともに、これから後も日々お護り下さるよう、節目の日にあたり神さまにお祈りをしましょう。

詳細については、お問い合わせ下さい。  電話 0270-74-8444

安産祈願  戌の日表へ 初宮詣
犬

妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日に行うと良いと云われているのが安産祈願です。

戌の日が選ばれるのは犬の安産にあやかるためと云われ、妊婦は赤ちゃんが “岩のように丈夫に育ちますように" との意味の込められた「岩田帯(腹帯)」を締めることから、着帯の祝いなどとも云われています。

初宮詣

お子様の無事誕生を喜ぶとともに、感謝と健康、健やかな成長を願って初めて神社にお参りするのが初宮詣です。

地域によって差があるようですが、男子は生後31日目。女子は32日目に行うのが多いようです。

七五三詣 成人式
七五三

乳幼児から子供への成長を感謝する行事が七五三詣です。一般に3歳は「髪置」と呼び、男女ともお祝いします。5歳は男子の「袴着」、7歳は女子の「帯解」のお祝いとされています。

成人式

20歳になった男女が、大人として社会的に認められ祝福を受ける日が1月の成人の日です。この日には公共団体主催の成人式のほか、古来より行われていた様々な儀式に因んで神社でも成人祭(成人式)が行われ大勢が参拝します。

長寿の祝い(年祝い・算賀)
亀

齢を重ね一定の年齢になると、人生の波路を遙かに越えて来たことを祝う下記のような習しがあります。
  ・61歳/還暦  ・70歳/古希(古稀)
  ・77歳/喜寿  ・80歳/傘寿
  ・88歳/米寿  ・90歳/卒寿
  ・99歳/白寿

鶴

Copyright© Sakai Shrine All Right Reserved
inserted by FC2 system