石剱稲荷大明神
神葬祭(神社のお葬式、葬儀)

当神社では通夜祭・出棺祭・葬場祭(告別式)・火葬場祭の一連のお祀りを指して言っております。

先祖に関する神道の考え方

日(ひ)の本(もと)に 生れ出でにし益人(ますひと)は 神より出でて神に入るなり

『中西直方の死道百首』より

と歌われるように、古来、日本人は神の世界から生まれ、やがて一生を終えると神々の世界へ帰っていくものだと考えられてきました。その一方、祖先の霊(みたま)は常に守神として子孫を守って下さり、残された子孫による霊祭(みたままつり)が繰り返されることで、次第に霊が浄化し、より高い神々の列に加わっていくと考えられてきたのです。遷霊式を初めとする神葬祭、祖霊祭等、全ての祭事はこの祖先崇拝の信仰が基本となって執り行われています。

このような祖先崇拝の信仰のもと、当神社ではお葬式、霊祭・年祭などもご奉仕しております。また、実際にどの様な祭事があるのか、主と思えるものを下に記しておきますのでご参考にして下さい。なお、ご相談も承りますので、お尋ね下さい。

10日祭・20日祭・30日祭・40日祭

亡くなられてから10日をひと区切りとして霊祭を行い、故人の御霊をはじめ、家族を亡くし悲しみにくれる人々の心を平穏に静めていきます。

50日祭

仏教で云う49日に当ります。最近では50日祭を以て忌明けとされ、お清めの席を設けるなど他の霊祭より盛大に行われます。

また、この日より通常の生活に戻ります。

納骨祭

50日祭を終えるとお骨をお墓に納めることになります。最近では50日祭をお墓の前で行い、そのまま納骨をされる方もいらっしゃるようです。

100日祭

葬儀後の慌ただしさも消え、改めて故人を偲ぶ霊祭です。

1年祭・3年祭・5年祭・10年祭

仏教で云う年回忌に当る祭ですが、神道では年数を満(亡くなられた翌年が1年、翌々年が3年)で数えます。年祭は自宅以外の会場(ホテル、宴会場等)を借りたり、墓前にて行うこともあります。10年祭を以て一つの区切りとなりますが、以降は5年、或いは10年毎に行います。


Copyright© Sakai Shrine All Right Reserved  〒370-0124 群馬県伊勢崎市境493  瑳珂比神社社務所  Tel 0270-74-8444
inserted by FC2 system