石剱稲荷大明神
神社 質問箱
色々な神社の御札・御守を持つと良くないと言うのは本当?

日本の神さまは八百萬(やおよろず)、沢山の神さまがいらっしゃいますので問題はありません。但し、同じ祈願(目的)で複数持つのは余りお薦めできません。

手水舎での正しい手洗いの方法とは
手水の作法
手水の作法
先ず、水盤の前に立ち、軽く会釈程度の礼をします。
次に、柄杓を右手に持ち、水を汲みます。
次に、左手を洗います。
次に、柄杓を左手に持ち替えて右手を洗います。
次に、柄杓を右手に持ち替えて、柄杓から左手に水を受け、
   その水で口を濯ぎます。
次に、左手を洗います。
次に、残っている水で柄杓の柄を洗い、水盤に柄杓を戻します。
最後に、軽く水盤に会釈をして終わりとなります。
※柄杓に水を汲むのは、一回です。一杯の水でこの作法を行って下さい。
参拝の正しい方法とは
参拝作法其之壱 下向きの矢印 参拝作法其之弐 下向きの矢印 参拝作法其之参 下向きの矢印 参拝作法其之四

一般的な神社では、神前に立ったらまず、軽く会釈程度の礼をして、賽銭を捧げ、鈴を鳴らしてから、二礼二拍手一礼をして、軽い会釈程度の礼をして、神前を退出します。

神社では、身内の方が亡くなった時には、神様への参拝を差し控えていただき、亡くなった方の祭祀に専念していただく期間としておよそ50日間としていますが、やむをえない場合は、神社で参拝できるようにお祓いを受ければ50日未満でも参拝は可能となります。

女性の月経中の参拝はなぜ不浄と言われるのでしょうか

女性を不浄として遠ざける考えは神道には本来有りません。神社で御祈祷をお受けになるとおわかりになると思いますが、神社では祝詞の中で必ず子孫繁栄を祈願しておりますし、古くは卑弥呼をはじめ、巫女さんなど神前に奉仕する女性も沢山いらっしゃいます。女性を不浄として遠ざけるのは元来仏教の考えによるものです。ただ、神前の参拝は体調や気分の優れないときは遠慮して控えた方が良いと言う事なのです。

神棚をお祀りする意味は

家庭に神棚を設け神さまをお祀りするのは、皆さんのお住まいの町々にも、氏神さまと言われる神社があり、町内の繁栄・安全の礎であるように、家庭にも伊勢の大神さま・氏神さまの御札をはじめ皆さんが信仰する神社のお札をお祀りして、家庭の中心となして、家族の平安と発展をお祈りするためにお祀りします。

建築に係わる神事には、どの様な神事があるのでしょうか

建築に係わる神事で最も一般的に行われているものが、新しい家を建てるときに行われる地鎮祭ですが、それ以外にも住みなれた家を壊して新たに建てる場合には、住みなれた家に感謝する解体清祓、地鎮祭のあと柱が立ち棟が上がれば上棟祭があります。又家が完成した時に竣工祭、入居する時には新たな家に災難が無く平穏に暮らせるようにと祈念する入居清祓があります。

6月・12月に行う大祓とは何ですか

総てのことに細心の注意をはらい日々を過ごしたとしても、神ならぬ人の身としては何かしらの過ち(間違い・手違い)があるものです。それを半年に一度、清々しい心身になる為に通常のお祓い以上に丁重なお祓いをします。

茅の輪とは何ですか

『備後風土記』という本に、素戔嗚尊が南海神の娘のもとを訪れたとき日が暮れてしまったので、その地に住まう蘇民将来・巨旦将来という兄弟に宿を乞おうとして、先ず裕福な弟の巨旦将来に宿を乞うたが拒絶され、次いで貧しい兄の蘇民将来に宿を乞うて優遇された。素戔嗚尊はこれに報いるために蘇民将来一家の者に茅の輪を作り与え腰に付けさせ、「吾は素戔嗚尊なり。後の世に疫気有らば汝蘇民将来の子孫と云いて、茅の輪を以て腰に付けたる人は免れなむ」と教え、その年に流行した疫病から救ったとされる話が記されており、この故事にあやかり無病息災・子孫繁栄を祈願するためのものです。

神道でもお盆があるのでしょうか

お盆と言う言葉は、仏教の盂蘭盆会に由来しますが、風習そのものは日本古来の祖先崇拝、神道の信仰によるものですので神道にもお盆はあります。お祀りの仕方はその地域、家ごとに代々してきた方法でかまいません。

神道の祖先祭祀はいつ行うのですか

地域による違いが有りますが、春秋の彼岸・春分の日・秋分の日、お盆の時期に御霊舎に神職を招いて祭典を行います。また、1年・3年・5年・10年祭などの年忌祭も行います。

御霊舎の花は榊でなければいけないのでしようか

御霊舎は、亡くなられた親・兄弟・祖父母等身近な人たちをお祀りする場所ですので、お祀されている方が好まれていた草花をお供えして構いません。

御霊舎への供物は何でも良いのでしようか

ニンニク・ニラなどの臭いの強いものを避けていただければあとは何でも大丈夫です。個人が好きだったものをお供えになれば、なお良いと思います。

神道の葬祭年忌に赴く際の金封の表書きは何と書くのが良いのでしょうか

葬祭・年忌のどちらにも御霊前、もしくは玉串料と書いて戴ければ良いです。

葬儀の際の清め塩の意味は

葬儀の際の清め塩は、気枯れ(生気・活力が減じた状態)の元を祓い、晴れ晴れとした気持ちに戻るために行うものです。決して死者に接することを忌み嫌って行うものではありません。


Copyright© Sakai Shrine All Right Reserved  〒370-0124 群馬県伊勢崎市境493  瑳珂比神社社務所  Tel 0270-74-8444
inserted by FC2 system